HOME>ホットトピックス>気軽に楽しめる大人の趣味を学ぶ施設に関する問題

必要な器具はどうなるのか

ウェイトレス

カフェについて学べる学校ですから、テキストのみならず、専用器具なども必要になります。レンタルや入学金などに含まれていることもありますが、中には、ポットやドリッパー、手動式ミルなどを購入しなければならない場合もありますから、事前に確認しましょう。

経営者向けのところもある

カフェ店員

カフェ業界のパイオニアが開講する、そうした教育機関が全面協力してくれる学校選びにより、資格を目指す本格派も、気軽に楽しみたいお稽古派も利用できるでしょう。ちなみに、カフェ飯を考案したりするのは経営を視野に入れている場合ですし、オリジナルブレンドなども同じで、開業目的で学校に通うのが一般化していることに気をつけましょう。

どんな資格があるのか

カフェで働きたい、あるいは働いている人も学校に通える環境が用意されています。しかも、通信制、夜間など通いやすさも魅力です。しかし気をつけたいのはカフェについて何を学べるのか、という内容です。サービス業全般で広く役立つのは、サービス接遇検定でしょうし、のんびり趣味の域でならコーヒー&紅茶カフェマスターの称号がもらえる学校選びでしょう。

開業目的であるのか

カフェを開きたいのであれば、専門学校選びにおいて開業(経営)までを段取りよく教えてくれる教育機関を選定しましょう。誰でも資格があれば経営できるワケでなく、免許や開業するための不動産取得も必要です。独特の法律や用語、仕組み、経営(運営)するためのノウハウも必要になります。カフェと一括りにする学校もあれば、珈琲や紅茶などのドリンク、パンやケーキなどのフードに特化するところまで様々ですから、何を目的とするのかを決めてから入学しましょう。

広告募集中